君死ニタマフ事ナカレを観てきてボロ泣きって

君死ニタマフ事ナカレって舞台を先日観てきました。
この舞台はEDが二つパターンがあるんですが、どちらも泣きすぎてしまいました。
超能力を薬によって目覚めさせられた中学生が、国に利用されて命を次々に落としてしまいます。
最終的には殺しあいになってしまうんですが、心に突き刺さりました。
グロいとかそういうものじゃなくて、むしろ人の命の尊さを知りました。
一生懸命生きなきゃいけない!ってむしろエネルギーをもらえる作品でした。
役者さんからもすごいパワーをもらえたし、これだけ命懸けで役を生きるって素晴らしいなと感じました。
生きるって当たり前と感じているけれど、当たり前ではない。
だから一生懸命生きて後悔しないようにしないといけないです。
すごく自分の人生の分岐点で悩んでいるタイミングだったので、もう一回がんばらなゃって思いました。
私ももう一度、全力で生きてみたいです。
生きることを楽しめるようになりたいなと改めて感じました。キレイモ 金額