障害者が一人で生活をすることは、大変な事なのです。

私は、身体障害者です、左半身が藤生な体で、つえを使い歩いていますが、左手は、ほとんど使うことが出来ません、幸い、麻痺が左だったので、車を運転することはできるのですが、それも、免許の更新の時に、免許書センターへ呼び出されて,機能の検査を受けての運転免許証の更新が出来、免許証には、多くの条件が書かれていますが、それは問題んないのですが、車は私の足になてくれているので、免許書がなければ、私の行動は大きく制限されてしますのです、。一人での生活には、大変な事ばかり、生活における、すべてのことを一人で、動きの悪い体を使って、何もかもしなければならないのです、食事の準備から、そうじに、洗濯、普通のことが普通にすることが出来ないのです、料理を作るにも、片手で、包丁を使うのはハイ変なのです、物を抑えられないので、細かな事は出来ません、何から何まで、藤生の中でそれでも、生きていかなければならないのです、これからもそんな生活は続くのです。プレシャス 水