曇ってても、ご傍らさんへのオーダーでも、ナルシシズムもっての外

空が曇ってて、幾らかそこまで配送にいくだけ〜なんてときは、つい紫外線対処をさぼってしまう。
まずセキュリティかなと思って、クリームも持たずに自宅を出てしまうことも多いだ。
でも、当然油断大敵ですね。
往きは良しよいなんですが、配送をして店舗から出たら、カーッのサンシャインが照りつけてる〜〜〜っ、なんてことがなんともあります。
それもまた場面酷く帰りがけの一寸だけとかってことが。
そういったときに紫外線節減クリームも無く、帽子も無く、再度半袖できちゃったりしたお天道様にはもう泣きたくなります。
仕方なくもっぱら帰りますけど。
むしろ面倒くさがらずに、曇っていようが降雨が降っていようが、クリームをじっと塗って、帽子や紫外線カットできるカーディガンなども持参して自宅を出ないとダメですね。
それで曇ったとおりならそれはそれで特別いいんですから。
夏は暑いので、制汗剤も塗り付けなくちゃいけないし、虫よけ噴射もしなくちゃいけないし、最近は手荒れが恐ろしいからハンドクリームも塗らなきゃいけないし…なんてやっていると、すでにトラブルで紫外線対処したくなくなっちゃいます。
若い頃はそこまで過敏に出掛ける支度してなかったら、ひょいっと自宅を出られたんですが、年代を採り入れるにつれ装備もどっさり大変になります。アリシア スムース

電車でガラスにひびって・・・怖すぎます!

JR神戸線で運行中の普通列車の窓ガラスがひび割れていたという、びっくりするようなニュースを見ました。
強化ガラスが何枚も重なっているようで、どうやら簡単には割れなさそうなのですが、混雑によるものとは考えにくいそうです。
このニュースを見たとき私は、「そうはいうものの、これって混雑によるものじゃないのかな〜」と思ったものです。
私は通学や通勤などで満員列車を散々経験していますが、いつも良く窓ガラスが割れないものだと思っていました。
扉のガラスに物凄い圧力とともに人が押し付けられているのを見ましたし、私も押し付けられて呼吸ができないほど苦しかったこともあります。
時々、電車がレールの都合で揺れるたびに社内の人波が大きく揉まれ、ドアのガラスに人がこれ以上ないほどに押し付けられ、真剣に割れるのではないかと心配しました。
立っている人の間に少しだけ余裕のある人混みが、電車が揺れた拍子に「バーン!」とドアに叩きつけられることもありました。
幸いその場で割れたりすることなどありませんでしたが、見ていて冷や冷やしました。
今回のことも、本当の原因はどこにあるかわかりませんが、もし本当に混雑が原因なら大事故につながる可能性もあったし、本当に怖いです。
駅員さんにひび割れたガラスが発見されたあと、テープで応急処置したといいますが、それも何となく怖いです。
普段この路線を使っている方が、怖い目に合うことのないよう祈ります。

たくさんのアーティストのライブにいくこと

私の趣味はライブに行くことです。
有名なアーティストからインディーズのアーティスト、大きな会場(ドームやホールなど)から小さなライブハウスまでと様々なところに足を運んでいます。
たくさんの人と知り合いになることができ、いろいろな世界や音楽を見たり聴いたりすることができます。

ライブに行くこと自体もものすごく楽しいのですが、そこで出会って仲良くなった人に会いに行くことも、とても楽しみになっています。ライブ会場でしか会うことが出来ない人もたくさんいますので、その人に会おうと思って行くこともあります。
しかし、ライブの会場で出会った子とプライベートで遊ぶことなどもあります。そうなると、友達も増え人脈も広がり、得をすることしかないです。

私は現在学生ですが、学校終わりに新幹線に乗って地方まで行っています。
お金がかかる趣味かもしれませんが、そのためなら働こうと思えますし、お金以上の楽しみが得れると思っています。