乳幼児の撮影は思っていた以上にほんまでした。

幼児が産まれてから余程時間が経ってしまいましたが、以前ようやっとお宮参りをめぐってきました。
お宮参りの前に撮影館で記念撮影をしようと思ったのですが、これが実にヤバイでした。
その日、撮影館はとても混んであり、朝からアトリエ時は収録に来ていた子ども達が走り回って大騒ぎ。
早々に着こなしを選び収録に面するのですが、慣れない場所のせいか幼児は大泣きしてしまいました。
遊具を使って気を引こうとしても抱っこであやしても面持を真っ赤として泣き止みません。
他の身寄りが次に控えていることもあって、焦ってしまいそれが広がるのか幼児はまったく泣き止まず、それどころか泣き声は大きくなるばかり。
授乳を通して持ち直そうとするも、授乳室を出た途端、泣き出す体位に入ろうとする幼児のニュアンスを見て、その日の収録を諦めました。
とにかくしばし個々が少ないスケジュールに変更してもらい、撮影館を後にしました。
お職場を出ると幼児は直ちにご心地になり、ぐったりしてしまいましたが、その足でお宮参りを済ませました。
家に帰ると夫婦共々疲れ果て、幼児と共に20状況過ぎに寝てしまいました(笑)
予約し直した収録太陽まで残り1週。
またくたびれる1日になりそうです…

風化のことや侵食などにあたって勉強していた

風化などにあたって勉学しました。岩石が地表近辺で水と共にあると、その鉱物の材質の一部が水に溶け出したり、他の材質が加わったり始める連続が起こります。その結果、鉱物のあるものは粘土鉱物に変わります(化学系風化)。例えば、カリ長石は二酸化炭素を含む水って一致して、粘土鉱物ですカオリンに変わります。温暖湿潤な場所では機械的風化に加えて化学系風化も進み、どぎつい風化が起きている場合が多いです。河川や氷河は地表を侵食し、侵食した品や河川・氷河に流れ込んです土砂・礫などを運搬・堆積決める。河川の侵食アクションには、川底を掘り下げる下方侵食という、川幅を広げようとする近隣顧客侵食があります。侵食アクションは流速の2乗に比例します。また、河川が運搬する最大の岩片のキャパシティは流速の6乗にそれほど比例します。流速が小さくなるって河川の運搬情熱が急に小さくなり、堆積アクションが起こります。知らないことがたくさんあったので、心から勉強になりました。